スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「雨よ、屑どもを洗い流せ」
日の夜中にスカパーをつけたら

とてもいい映画が流れていました

途中からなのに酷く引き込まれる美しい映画でした

早くレンタルビデオ屋に行って探さなくてはいけません


20070704180522.jpg


「タクシードライバー」マーティン・スコッセシ


仕方なしに、昔にビデオに撮っておいた映画を観ることにしました

デニーロがまだ若いのは当たり前で

なんだか気持ちの悪い青年の役でした


自分の思想の中に生きている非常に危険な男です

大統領候補を暗殺しようとしたり

12歳の売春婦の少女を救うと勝手に決めて仲介役の男どもを撃ち殺したり


此処から出たい、なにかでかい事をしてやりたい

そんな想いから

ただのタクシー運転手は一躍有名になります

だけど、“デカイこと”はやっぱり一瞬のもので

いくら身の回りが騒がしくなったとしても

それはすぐに静かになるし

普通に生きていくしかないのです

凡人は凡人のままだよ、しかたないよね

そんな感じに見えました


もしかしたらもっと

見方があるのかもしれないけれど

私にはそんな程度にしか見えなかったです

スポンサーサイト
【2007/07/02 18:02】 | “T” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「モノクロームの閉鎖空間」
13.jpg


「13/ザメッティ」ゲラ・バブルアニ 2006

れほど渋い映画は久しぶりだ


「グッドナイト・アンド・グッドラック」以来かもしれないな

とにかく渋い


シンプルすぎて凄い



カラーの映像に慣れすぎている私たちは

モノクロの恐怖についてどのくらい解かっていたのかしら



音も極端に少なくて、足元から響くようなベース音と、古くて調律のあっていないような不安定なピアノが余計に引き立っていた



13人のロシアンルーレットってだけでとても興味を引く内容だと

勇んで劇場に足を運んだけれど

いざ、そのシーンになると本当に息が止まる


ゲームの進行役みたいな人の掛け声にあわせて一斉に弾をこめ、弾倉をジャージャーまわして、構えて・・・

コンクリートの無機質な部屋にひとつぶら下がっている裸電球が点滅したら引き金を引く

本当にシンプルで


プレイヤーの息遣いが耳元で聴こえてくる様で

本当に緊張します




グルジアの監督でスタッフはじめ、主演の俳優も監督の弟で

毛深くて濃い顔立ちなんだけれど

それが一層モノクロの良さを醸し出していて素敵だった

初めての参加で最後の方まで残ってしまった

追い詰められた彼の、漫画のような情け無い悲痛の面持ちは

かなり印象的






とても渋い


こんな映画を本当はスタイリッシュと呼ぶべきなんだろうと思う

ハリウッドリメイクがブラピやら豪華俳優陣で決定しているけど

楽しみなんだか行く末が不安なんだか








【2007/05/16 23:57】 | “T” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「耳に残るは君の声」
20070512203712.jpg


原題“THE MAN WHO CRIED"2000年 監督;サリー・ポッター


性の監督がみなそうじゃないてわけじゃ無いけど、女性の監督は色調に細やかなかんじがする

冒頭の教会みたいなところでクリスティーナ・リッチがひとり歌うシーンは青く寒く

1930年代の劇場のシーンはクラシカル

ジプシーの宴は闇にくべる炎が暖かく


戦争による不穏なかんじでユダヤ人である主人公はほんと暗いんだけど

友達のブロンドロシア人は正反対に世渡り上手

途中、この人は主人公を見捨てたりするけど結局心配して戻ってくるからなんかいろんな意味でいい人



ジョニー・デップはまたジプシー役なんだけど、喋らなすぎ


喋ったと思えばなぞのジプシー語だし

直後にクリスティーナのスカートの裾をまくってエッチ!?







なんて言ったのさ?!







その後も劇場の舞台下とかでもヤッてるし

台詞が少ないぶん、なんか目立つよ



そんな中でもよかったのは

クリスティーナがアメリカに発つ前の晩にジョニーが訪ねてくるシーン

「・・・あ~もうまたかよ~」と当然濡れ場、みたいなシチュエーション

一切脱がずにベッドで眠るんだけど、胸に眠るクリスティーナを抱きながら

ものすごい男泣きのジョニー





かかか、かこいい・・・・



翌朝、眠るジョニーを置いてこっそり発つクリスティーナ

そしてドアが閉まった後、おもむろに目を開けるジョニー



シブイ・・・



それくらいであとはなんら興味深いトコはありませんでした

だけど君の歌声は、耳に残っています
【2005/11/16 16:47】 | “T” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。