スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「さようなら、僕の部屋 僕は忘れないよ 君も覚えててくれるよね」
Mr,lonely


ミスター・ロンリー ハーモニー・コリン 2008


部、観終わって

しばらくしてから涙が出てくるかんじ

決して暗い映画ではないのにひどく哀しい


「憐れ」って言えてしまえる人はきっと、ちゃんと生きてる人




現実でうまく生きられないから、虚構の世界で生きようとしたのに

そこでも結局、“現実”はひっそりと息づいていて


逃げられはしないってこと

逃げた先も現実には変わりないってこと


それを見せつけられるから、哀しいのかも

マイケルの皮を脱いで普通の青年になって、病んだ現実、群集の中に

埋もれていく主人公を見て、

あきらめるしかないの、そうするしかないの、って

悪足掻きしてもなお、夢を見たがってるから

悔しくって 置いてけぼり食らって 泣いてしまうのかもしれない







「同じだね、あなたとわたし」

って思ってて、満たされた気でいて

どちらかがふいに目を覚まして、もう一方は取り残されて絶望


この映画の中のマリリンとマイケルがそうであるように

マイケルに自己投影していた自分が、自分と夢見ていた誰かが―

って連鎖していく

ゲームのような運命のような…っていうかこれがこの世界のしくみ?



当たり前じゃんって思われるかもしれないけど

あたしは気づかなかった

見ないようにしてきたしね




大人になるってことを、ハーモニー・コリンが

一足先に見つけてきて教えてくる 「こんなもんなんだよ」って






あぁーそうなんですかぁー

自分はまだまだ信じたくはないなー

ユートピアって本当にあるんだって思いたいなあ

大人がどんなものか、社会ってなんなのか


うっすら気づいてるけど、まだ見たくはないなぁ








て往生際わるいけど思うんです
スポンサーサイト
【2009/04/06 19:33】 | “M” | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
「世界残酷少女物語」
小さな悪の華


小さな悪の華 ジョエル・セリア

なぎくが姉妹ならこちらは仲良しの友達

そうなるとすぐに、少女たちの魅惑の同性愛を期待して

馬鹿な男どものくだらない欲望に汚される


邪な感情と隠された支配欲はそこかしこに蔓延していて

生き辛いから、彼女たちは常に笑い、風のように軽やかに走り去る

よく、子供は親の鏡というように

世の中の悪をより純粋に受け入れてしまうために

恐ろしく残酷にもなれちゃう



なんとなく今ここまで生きてきてしまった大人にとって

そのまっすぐさが羨ましいから

つい惹きつけられてしまうのだと思う



上手に生きていくよりは

ここで死んだほうがマシ

少女たちの哲学が

くだらないと笑えるくらい大人になりたい


監督は、「子供の頃の恨みを晴らせた映画だ」

と言っていた

そう、彼はすっきりした面持ちで語っていた

「自分の中の悪魔を追い出せた」


だからって自己満足のカタマリってわけでもない

辛いからって死ななくても

恨みを晴らす方法を知ったらいい

ってことなんじゃないかと



【2008/07/10 18:17】 | “M” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ケーキを食べれば良いじゃない」
20070519191056.jpg


「マリー・アントワネット」 ソフィア・コッポラ 2006




わーぁもう可愛すぎ、キルスティン

本当にプリティなんだから

始終お菓子をつまんでてなんて自堕落な感じ!

観てるだけで女の子の欲望を満たしてくれる


続きを読む
【2007/02/02 14:51】 | “M” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ME AND YOU AND EVERYONE WE KNOW」
20070518171125.jpg


「君とボクの虹色の世界」 ミランダ・ジュライ 2005

ず、感じたのが、

この映画に出てくる人物は大人も含めてみな無邪気です

子供のような無邪気さと、それによって伴われる残酷さみたいなものが、

あったかいカラフルな映像の中に常にあるみたいで

登場人物をひとり残らず愛さずにはいられない気持ちになってくる


割とアタマの方で出てくる、ボンネットの上の金魚のエピソードがとてもすき

独特の視点です


靴屋の離婚しかけの男の人に恋をするアーティスト役の女性が監督なのですが

この役がアメリ並みのほわほわちゃんなの


「これはないでしょ」ってその暴走ぶりに引くかもしれないけど

結局うまくいかなくて、バカヤロー!て罵りながら泣くのは誰もが通る道なんじゃないかと

ストレートすぎて余計に胸に染みます





皆、少しずつすれ違って寂しくなりそのズレた分だけまた、

少し温かい気持ちを得るものなんだ


わるくないな、生きるのも

って思える作品でした
【2006/11/06 13:18】 | “M” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「セレブ婚」
20070513152924.jpg



「Mr.&Mrs.Smith」ダグ・リーマン 2005


~た~♪

いやぁよかったわ

娯楽映画って本当に元気にしてくれるものなんだね


ほんと、どうなることかとおもったさ

ゼッッッタイにブーイングだと思ったけどヨカッタ


二人にあった脚本だったいうのが成功だったのでしょう

役も合ってたしね

とにかく~




こういうスカッとする映画を観れたっていうのが・・・ふう

よかった



あの怒涛のクリスマス暗い映画祭りの後には効果テキメン
【2005/12/28 22:38】 | “M” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「マグノリア」
20070513132130.jpg


「マグノリア」ポール・トーマス・アンダーソン 1999

とといは眠さに負けて途中でやめたので、つづき


とにかく登場人物が多いの!12人?くらい?の行動が延々とこま切れに同時進行

オープニングの描写とかアメリみたいですき




全部が同時進行のせいで目が離せないし、

始終ずっと流れてる効果音がサスペンス映画の、なんか死体のある部屋の扉へ主人公が向かってくところみたいな曲でひたすら緊迫してるし


頻繁に流れてくるエイミー・マンの曲が印象的

と思ったら監督の人が友人でしかも彼女の曲のファンでインスピレーションを受けて作った話らしい



バラバラの登場人物がそれぞれワンフレーズごとに歌うシーンとかちゃんと彼らの状況と歌詞がマッチしてて、なるほどね~、まんまと印象づけられたわよ  ふふ~ん






ラストは明かしても何だけど、

すっごいモノが空から降ってくるから

シーンの区切れのところで必ず天気予報が出てくるのがそれの前フリなのかな





突然、

えっ、えっ、え、ナニコレ?!








ぎょぁぁぁぁぁぁああぁぁぁぁぁぁああああああぁっ












てなるから







それについてもいろいろ賛否両論されてますが、インパクトのツボは確実につかんでます
【2005/11/17 15:23】 | “M” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。