スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「生まれる国を間違えたんだ」
Praha.jpg


「プラハ!」 監督:フィリプ・レンチ 2001


で邦題には「!」がついてるんだろう

そんなにはっちゃけたかったのかな



すごく可愛い

正直に言うと、内容なんか気に留めてなかった

ただチェコだしなにやらレトロで可愛いかなってだけで、借りた


けれども、意外にもちゃんとしたストーリーがあって

ほんと、ゴメンナサイって思った



前半は、うたい文句にある通り、ポップでキッチュでスタイリッシュなかんじで視覚的にとても満足

だって、

ジャケットにもあるけど


グリーンのワンピースにオレンジのタイツ!しかも靴は赤!

水色のシャツワンピに黄色のタイツと靴!極めつけはべっこうフレームのメガネ!!




なんて可愛い!!

なんてスバラシイ!!!

泣いてマスカラが落ちちゃってるのもなお、可愛い!!!


その可愛さをビン詰めにして、あたしは毎朝パンに塗って食べます





キュビズム、というらしい

ピカソに影響されてカクカクゴツゴツした、アンバランスにも見える建築様式を

町の建物にも目が離せないです

肝心のミュージカル的なところは、日本でも車のCMなんかで使われているような

お馴染みな曲が沢山で楽しめます


普通、ミュージカルって日常の場面そのままで歌い踊るじゃない

学校だったり、街中だったり、野っぱらだったり

はじめこそそうなんだけど、かならずへんてこなセットのに切り替わるのね

シーンごとに少しずつセットも変えてるんだけど



たぶん、遣い回し




そこが好きだった

なんだか訳が分からないけど、イイ





1968年の「プラハの春」事件を、この映画を観るまで知らなかったけれど

前半のウキウキ華やかな雰囲気から一転、後半はソ連をはじめとする5カ国の侵攻のニュースが流れて、皆街を去ってしまう・・・っていうほの暗さがあった

主人公と脱走兵であるシモンという青年とのラヴロマンスがベースだけれど、

そこばかりコテコテに描くわけでもなく、父親とその恋人、同級生たちとのなんやかんやも満遍なく散りばめられていて、見応えはちゃんとあった

しかも、映像も可愛い



あれ、なんだ

これってすごく良かったってことじゃない

スポンサーサイト
【2007/04/29 19:27】 | “P” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「哀しいカウボーイの歌が聴こえる」
20070519193140.jpg


「ダウン・イン・ザ・バレー」 監督:デヴィッド・ジェイコブソン 2005

うるさい父親、いつまでも一人で眠れない13歳の弟と退屈な毎日を過ごす18歳のオクトーバー(トーブ)
ある日、友達とビーチに向かう途中のスタンドで時代遅れのカウボーイ、ハーレンと出会う
すぐに恋に落ちる二人だけど、初めは魅力的でもあったハーレンの風変わりな様子が、二人の間をギクシャクさせることに
さらに、家族間にまで不穏な空気を生み出し、やがて悲劇となる


普通のラヴストーリーかと思っていた

けれど、わりに深い話で、社会的な要素もあったり

エドワード・ノートンは、哀しくなるほど優し顔をするな、と思った

この人が、本当のところはすごく嫌な人だったら、この世の人間は誰が実際、やさしいのか

信じられなくなるような

少しぶっ飛んでいてクレイジーなキャラクターだけれど、こっそりと胸に愛着を置いていく






それから、銃がとても怖く見えた

北野映画や、それこそハーレンという男の憧れる西部劇では、それはとても格好よくみえるのに

日常に現れる銃はどうしても馴染めない

間違って組み込まれてしまった部品のよう


構えている人の心理状況が一番現れるようにも思える

持ち手の動揺やら不穏な空気やらが、真っ暗な銃口から弾よりも先に吐き出されてるかのように

トーブの父親の仕事があたしには最後までよく分からなかったけれど、銃のコレクションが趣味の父、

西部劇かぶれのハーレン、二人とも銃が好きなのに、構えた時に感じるものがまったく正反対だ

父親の方は威圧的だし、確固たる意思(娘をヘンな野郎から守るためだからね)を感じる

一方のハーレンは突発的で、危うくてまったく読めない

不穏だ


これが、「軟弱な奴は気骨のある奴に喰われるしかない」←劇中で父が弟に諭すシーンで言う台詞

アメリカという国なのかしら


あまりにもはっきりと示されていて、戸惑うし、かなしくなる



こういうストーリーって、誰も悪者ではないから切ない

誰もが

大切な人だったり何かを守るために、目の前に立ちはだかる者には銃というエゴを突きつける

アメリカだけに限らず




それにしてもオクトーバー、トーブ役の女の子が可愛くてセクシーだった

弟役はマコーレー・カルキンの7人兄弟の末っ子だったみたい







どうりで

なんだか見たような気がしたんだ



【2007/04/28 18:01】 | “D” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ダークサイド・マーダーケース」
野夏生にはまってる

「グロテスク」を読んだ





こわっ










サスペンスって言うから西村京太郎みたいなテレビの二時間サスペンスぽいのかと思ってたけど

全然、心理的に怖かった

人の心の裏側って怖いし、自分の中にも同じように思うことがあるような気がしてきて嫌な気分になるけど

やっぱりおもしろい



短編集の「錆びる心」もまたさらに面白かった

短編でも濃い

もちろん、心理的に

人が死ぬとか死なないとか関係なく気持ちが悪いところがいい

巻末の解説の人が書いてるけれど、この人の書くのは一貫して

女が「リアル」で男が「ロマンティック」


人は誰でも悪意みたいのを持ってるけれど

この人の書く女の人は大体悪意を心の中で育てている

必ずしもそういう人が幸せだったり勝者にはならないけど

なんだか最後にはスカッとしたりする


クセになる悪意

【2007/04/21 13:31】 | *prefere favoir* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「今日は何の日」
半月ぶりに外に出た




うあー、太陽まぶしい、広くて息苦しい、バイト募集の張り紙、胸がイタイ

こわいなぁ

きっと蟻んことかってこんな気持ちなんだろうな

きっとお勤めを終えた犯罪者もこんな感じなんだろう




さくらが咲いてるなんて知らなかった

外人はもう半袖なんだってことも知らなかった

岡崎公園で食べたお弁当の箸袋が風に持ってかれたと思ったら、外の道路にまで飛ばされてた

THE ALFEE のでかいトラックが止まってて機材とかを搬入してた

あぁ、明日なのかぁ・・・明日、ソレなのかぁ






念願のバランスボール入手

めちゃくちゃにココナッツ臭い

なんで?

ゴムっぽい香りとか微塵もしない

ひたすらココナッツ臭い

一日中、ボールと戯れてるから自分も当然、ココナツ臭い







部屋を模様替えしよう
【2007/04/13 19:24】 | *aujourd'hui* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ブリキのゴミが襲来で未知なる飢えの始まり」
キブリが出た


ぞわおわおわっておしりから一気にほっぺたにまでトリハダ立った

なんでいつもひとりの時に現れるんだ

オマエあたしのサミシイレーダーでも察知してわざわざ暴れに現れるんだろう

なんて嫌なやつ

絶対ビビって殺せないとか、思ってるんだろう

えぇ、その通りですとも

あたしの唯一の武器の食器用洗剤のすぐ近くにいるんだもんね、よりによってさ

あぁ、今すぐ魔法であの洗剤のボトルを爆発させたい

それかイラクのテロリストたち、あのてらてらの黒いヤツ爆破して




あ、やっぱりヤダ

だって粉々に飛び散るんだもんね

あのキモチノワルイあいつのいろいろが飛び散って

あたしの体のあちこちにくっついたらそれこそ、しんじゃう










ほんとうに嫌

だってお腹すいてるんだよ?!


ごはんがたべたいでしょーがっ!!

アンタのせいで飢え死にするよ

のんきに生ゴミのご馳走にありついてるのが憎たらしい









もうこの宇宙であたしとゴキブリしかいないような気すらしてくる

ムダに物音が響く

ゼンマイ仕掛けの時計がウルサイ

絶対に動かないで

物音立てて存在示さないで


いつまで続くんだろう、この時間








あぁもう本当にお願いだから許して

こうなったら土下座でもするから許してクダサイ

誰かたすけてクダサイ

【2007/04/12 20:38】 | *aujourd'hui* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ブリキのゴミが襲来で未知なる飢えの始まり」
キブリが出た


ぞわおわおわっておしりから一気にほっぺたにまでトリハダ立った

なんでいつもひとりの時に現れるんだ

オマエあたしのサミシイレーダーでも察知してわざわざ暴れに現れるんだろう

なんて嫌なやつ

絶対ビビって殺せないとか、思ってるんだろう

えぇ、その通りですとも

あたしの唯一の武器の食器用洗剤のすぐ近くにいるんだもんね、よりによってさ

あぁ、今すぐ魔法であの洗剤のボトルを爆発させたい

それかイラクのテロリストたち、あのてらてらの黒いヤツ爆破して




あ、やっぱりヤダ

だって粉々に飛び散るんだもんね

あのキモチノワルイあいつのいろいろが飛び散って

あたしの体のあちこちにくっついたらそれこそ、しんじゃう










ほんとうに嫌

だってお腹すいてるんだよ?!


ごはんがたべたいでしょーがっ!!

アンタのせいで飢え死にするよ

のんきに生ゴミのご馳走にありついてるのが憎たらしい









もうこの宇宙であたしとゴキブリしかいないような気すらしてくる

ムダに物音が響く

ゼンマイ仕掛けの時計がウルサイ

絶対に動かないで

物音立てて存在示さないで


いつまで続くんだろう、この時間








あぁもう本当にお願いだから許して

こうなったら土下座でもするから許してクダサイ

誰かたすけてクダサイ

【2007/04/12 20:38】 | *aujourd'hui* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「思いつく限りの無駄なこと」
しようと思う

本来、無駄なことなんて大ッ嫌いなんだけれど

せっかく暇なんだからなるべくムダで意味の無いことをして時間を無駄遣いしてやろうって気になった





まず、今月からは左利きにすることに熱を注ぐことにするわ

ひたすら、ひらがなとかを、書く






あとは、ひとりトランプ

コレは意外とたのしい

結構頭遣わなくちゃいけないし








左手の小指の爪をどこまでイライラせずに伸ばせるか

お風呂でどのくらいまで浸かってたら手のひらと足の裏が痛くなるくらいにしわしわになるか


とか

今のところはそんなかんじ
【2007/04/09 18:11】 | *nul sans interet* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。