スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「阿修羅姫」




際はフライヤーのイメージよりもポップな訳ではない


姉妹の着ているワンピースですら何色かもわからないくらい

褪せたフィルムなのに

なぜか酷くカラフルな印象のまま映画館を後にするかんじ

頭がチカチカすんのよ

時々用いられるエフェクトのせいかもしれないし

けれど単に視覚的な効果だけではない気もする


きっと姉妹の傍若無人な振る舞い、リンゴを齧る仕種、

すべてのカットに女の子の可愛さに潜む、セクシーな毒が散らばっているから




関係ないけど

チェコの映画は食べ物が決まって不味そうに見える、あたしには

フィルムの質感や色合いのせいだろうけど

でもそんなところも

まるめた新聞紙の分だけすき

こんなハチャメチャな女の子の映画は見ていて楽しいから

女の子の可愛いとこだけジャムにしたような(勿論不味そうな)





破壊したものは元には戻せない

滅茶苦茶なことをしていたら行き着く先は破滅でしょ、たぶん

ダメな子でもいい子になりたい

でもできない

だって楽しいほうがいいんだもん

かわいいんだからそれでいい


野ばらちゃんが言っていたけど、

この映画を見たら少しお行儀悪くなりたくなるって気持ちがわかる

道路工事の看板とか

蹴ったりしたくなる

でもそんなことしても許されるのは可愛い女の子だけだから

あたしはしない







スポンサーサイト
【2007/10/30 21:08】 | “S” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「さらばだ!その赤マントは君の瞳に涙」 | ホーム | 「足の裏に余計に毛玉が付いてるの、どう思う?」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://pilopilo38.blog104.fc2.com/tb.php/165-cd7d8fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。