スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「美しすぎて泣いたら反則」
ピアノ・レッスンピアノ・レッスン
(2005/07/23)
ホリー・ハンター、ハーヴェイ・カイテル 他

商品詳細を見る


当に本当に本当に大好きな映画になってしまった

ここ3年くらいは人生のベスト10に入るような映画には出くわしてないんだけど


なんっていい映画なの!!!!


あぁ、ちょっと地団太踏みたい 今

まずジャケットが素敵過ぎる

ニュージーランドの森の描写はなんて冷たくて蒼く、怖いほど美しいのかしら

先住民のマオリ族って顔に入れ墨したイカツイ人たちがが

青髭の演劇の最中に本当に女を殺したと演出を勘違いして怒り出すシーンとか

微笑ましいものだけど

後に起こる悲劇を連想させるように意図されてたのかと思うと怖い


結局はハッピーエンドなんだけど、最後の主人公の語りがとても良かった

海の底の墓場なんて、考えただけで背中に電気走っちゃう

そこの映像がCardigansの “Don't Blame Your Daughter”のPVを思い出す

あのPVも大好き


あと、主人公の指先が美しい

ピアノを弾く以外でも、夫の体に触れるとき、水面に指を差し入れるとき

とても丁寧で、確かめるように指先にすべての感情がじんわりと滲むように

優しく繊細に触れる仕草が素晴らしいのなんの

娘がおしゃまで、年の割にしっかりしているのも、

言葉を話さない少女のようにふわふわした脆そうな母親を持つゆえなんだろうと

一人遊びの時の様子や、羽を背中にしょって走り回る無邪気さが

余計に可愛くみえてくるの

あと、物語後半の主人公の演技が素晴らしくて忘れられません

すごいすごいすごいよかったのほんと




スポンサーサイト
【2007/07/07 02:01】 | “P” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「蓋を開ければ空っぽで」 | ホーム | 「激しい頭痛」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://pilopilo38.blog104.fc2.com/tb.php/166-60cca830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。