スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「びしょぬれの、・・・偽たまご」
っておいたらあたしという人間は18時間も寝るらしい

日付が二つも変わってるミラクルオラクル

それで今日は凄く変な時間に起きる事になったから

一人・ジョン・キャメロン・ミッチェル祭り

終わってから作ったタイムテーブル
       ↓
深夜3:00~ショートバス
   4:50~ヴォイス・オブ・ヘドウィグ
   6:10~ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
   8:45~yes!プリキュア5GO!GO!





ショートバス スペシャル・エディションショートバス スペシャル・エディション
(2007/12/21)
スックイン・リー.ポール・ドーソン.PJ・デボーイ.リンゼイ・ビーミッシュ.ジャスティン・ボンド

商品詳細を見る



あーもうとにかくよかったわー

若い人には聴こえて、年をとると聴こえない周波数があるみたいに

ちょっとづつ自分の好みのものばかりが耳や目に届いてきて

好きなものっていうのは出来ていくんだな、って

いまさら当たり前のことに納得してしまうよ

なんて微妙なラインにひっかってくるんのかね

有無を言わせないような強引さで引き付けるわけではなくて

気がついたら右隣にいるのが当たり前みたいな

ああゆうかんじなの

そう、右ね

車が来るから危ないよ、とか言う訳でもないんだけど

自然に右側を歩くの




ジョンキャメロンミッチェルはヘドウィグのパンフレットのインタビューで

「次回作は、『愛のコリーダ』みたいな映画が撮りたい」って言っていたけど

本当にそんな映画撮っちゃってた

しかもちゃんとオマージュを忘れずに

全然違うものだったけど

愛のコリーダは見終わって、いや観てる最中から

死にたくなるほど疲れたけど

この映画はなんか、ぬるいお風呂にずっと浸かってるみたいに楽

本物だというセックスシーン目当てに力入れて見るなら疲れるかも知れないけど


NYに住む、お互い愛し方のずれたゲイのカップルとその二人を観察し続ける青年と

恋愛セラピストなのにオーガズムを知らない中国系カナダ人の・・・この人は

ヘドウィグにも出てた

ドーナツ屋で韓国人妻たちとバンドしてたときの

ギターをギュイーンギューン言わせて超いい味出してたクワン・イー!

だと思うよ、きっと

この人が沢山いる中で主役みたいな雰囲気

なんか、もっと美人のがよかったんじゃないかって感想の人もいるけど

それはどうなの

やっぱり観ていてウレシイ気分になりたいわけ?

だったら初めからアンジェリーナ・ジョリーを観ればいいじゃない

なんか、この映画に出たらDJやってたラジオ局からクビにするって

言われてたらしいですよ

女優って大変




むしろセクシャルな感じを受けないよ、一切

どんなにイケメンだろうと

男三人がすっぽんぽんで重なり合ってたらもはやマヌケ

そういう滑稽さがリアルなんでしょう

個人的に好きだったのはショートバスの女主人と女王様のセルヴェイ

彼女が一番、脆い感じがよく出てて可愛らしかった


9.11以降、大停電があった時

テロの心配がなくなると皆ロウソクを灯して知らない人とも声掛け合ったりして

ちょっとしたパーティーだったなんて、勿論知らなかった

それは皆で共有した恐怖があってこその

明るい幸せなひと時で、

平和なあたしたちには全然わかりっこないことだけど

とても素敵に見えた

劇中の台詞で元NY市長が言う

「NYの人たちは柔軟で、柔軟だからこそ、狙われる。柔軟ではないものたちに」


まぁそれが良い所である代わりに原因となって傷つけられることもあるってことよね


あと、音楽がまたナイスなチョイス

Yo La Tengoもゆーるーい感じでいいけど

ラストに一気に盛り上がるのもまた可愛くっていい

静かに終わるのより楽しい気持ちで終わる映画の方が好きです(最近)


















今日は長いよ





ヴォイス・オブ・ヘドウィグヴォイス・オブ・ヘドウィグ
(2008/01/25)
ドキュメンタリー映画、ジョン・キャメロン・ミッチェル 他

商品詳細を見る



まず、どういう話の流れなのか見るまでよく分かっていなかったので整理すると

色んなアーティストに声をかけてヘドウィグのトリビュートアルバムを作る

その収益をLGBTQなどの問題を抱え、居場所のない子供たちのための学校

へ寄付をする

てことらしかった

その学校、ハーヴェイミルク校に通う数人の生徒のエピソードを扱っていて

それと平行に、アルバム製作の様子、

プロデューサーやアーティストたちの試行錯誤がある

うまく、ヘドウィグの曲と生徒の一人一人とリンクしていてまた曲が好きになるし

ドキュメンタリーってよほど興味のある題材でない限り進んでみようと思わないけど

観やすかった


どの曲も原曲の雰囲気を壊さなかったり壊したりでおもしろいし

まだそのトリビュート試聴機でしか聴いたことないんだけど

ルーファス・ウェインライトのOrigin Of Loveがよかった

ていうか全部よく聞こえた

そりゃ、作ってるところをみたらそんな気になる

世界のオノヨーコ様のExquisite Corpseはおもしろかった

レコーディングで(演奏はヨラテンゴ)隣についてたジョンキャメロンミッチェルに

「あたしの入るところになったら肩叩いて教えて。あ、お尻は嫌よ」って

ちょっとまごついてた

あの曲は大変だよね、うん

どう聴いても日本のおばちゃんが歌っちゃいましたよっていう感じがしてならない

節回しって言うの?独特なあれだよね

そういうのに英語が出来る出来ないの差ってないのかな

ハーヴェイ・ミルクは公立に認定されたようで、裁判とかもあったみたいだけど

れっきとした高校なのだそう

通ってる子はみんないきいきして見えたけど

やっぱり内には色々な想いを抱えてて切ない

特に、家族に認めてもらえないような厳しい現状の子が沢山いるってこと

宗教の関係で教会で委員会にかけられたりして破門、とか

いつの時代の話か、って驚いたけど

宗教て言うのはそれだけ大きな存在なんだわ、それに生きる人たちにとったら

監督のインタビューで、各地の映画祭に出たときも、拍手が起きてみんな泣いた、

って話だったのに生徒の親は誰一人来なかったらしい

宗教もだけど家庭って言う戒律もときにはそれより大きいものだな

そんな親はみんなロッキーホラーショウを観ろ!

セクシャルトランス星からきたへんちくりんなマッドサイエンティストに犯されるよりはマシだ!






スポンサーサイト
【2008/02/17 22:12】 | “S” | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ローズウィップ!」 | ホーム | 「じゃうぶなカラダになりませう」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://pilopilo38.blog104.fc2.com/tb.php/180-b734b1f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。