スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「イヴイヴ」
051224_20247E01.jpg




ィキ作った

(スポンジにクリーム塗っただけだけど)

ご馳走(ケンタッキー&サラダ&スパークリングワイン&大量のぺペロンチーノ)もそろったし!






さあっって!

今日は何を隠そう、恒例の(今年から)


暗い映画の祭典なんです




そもそもこの映画祭(非公認)、

キリストの誕生という、この上なくおめでたい今日いうこの日に

敢えて、映画という疑似体験的手段でもって、不幸のどん底を体感することにより、結果的には、



「あぁ、なんだ、なんだかんだ言ってもあたしってば幸せじゃん?」


と思えるまでに至る


という画期的な目論見の上に成り立っています


そして栄えある第一回目の上映ラインナップは




「リリイ・シュシュのすべて」
「ダンサー・インザ・ダーク」
「ドッグ・ヴィル」
「自転車泥棒」






って、だいたいラースフォントリアーかいっ!










20070513150714.jpg


「リリィ・シュシュのすべて」岩井俊二 2000

を手始めに観ました

いっちー若いな

因みに、劇中に出てくる架空のアーティストである

リリィ・シュシュさんですが、CDが出ていて、

まぁ、言ってしまえばSalyuです

小林武がほとんどの曲を作っています

「スワロウテイル」然り

だけど、ほんといいアルバム

エーテルが・・・エーテルが…!!


でもなんか・・・あんまし暗いとは思わないな

ふつうに岩井俊二だ

じゃなんでこれはじめてみた時嫌悪感をもったんだろう?

若かったからか?

いまでは所々笑えたりするくらい余裕

「誰も知らない」の方が暗い気がしてくる




気になるのが、アラベスクの一番最後の一音が切れてるとこ

なんであそこないんだろう

中途半端で気持ち悪い

それって狙いかな、だったら嫌だな



原作がおもしろいとあたしは思います

何故って、チャットの様子をそのまま書籍にしているようなつくりで、

主人公ていうのはあまりはっきりと見えていないときがあって

それが普通にスリリングでなぞめいていて

楽しいと思うの


映画見た後でも良いから原作の方も見て欲しいとおもいます
スポンサーサイト
【2005/12/24 23:43】 | *cinema film-Japonais* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「暗黒映画祭part2」 | ホーム | 「里見発見伝」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://pilopilo38.blog104.fc2.com/tb.php/36-5528998b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。