スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「なんて長い名前」
AmoresPerros.jpg


「アモーレス・ペロス」 アレサンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

の人は群像劇がすごい卓越してる

脚本に3年費やしたらしいんだけど、構成が作りこまれてるのがよくわかります


先日見た、「クラッシュ」と同じように、交通事故ですべての登場人物が交錯するんだけど

おおまかにいって3組の男女の話が出てきます

乱暴で甲斐性なしの兄の嫁を愛し、闘犬儲けた金を一途に兄嫁との逃亡のため貢ぐオクタビオ

不倫の恋をようやく実らせた売れっ子モデルに襲い掛かる悲劇

家族を捨て、浮浪者のように暮らす暗殺者のじいさん





それぞれがまったく別々の人生を歩んでいるにもかかわらず、

同じメキシコシティで起きるひとつの交通事故によって

少しずつ歯車が狂っていく

絶妙だなって感心しちゃう


フツウの何処にでもいるような人々なのに

一生懸命に誰かを愛すあまりに

狂気じみた行動を知らず知らずのうちにとっている

盲目、コレこそが盲目の実態


スポンサーサイト
【2006/10/27 15:48】 | *cinema films-Etranger “A”* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「自由を右手に」 | ホーム | 「小さな町での大きな出来事」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://pilopilo38.blog104.fc2.com/tb.php/80-cb158f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。