スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「見たいの、その先の向こう」
日、コレに行ってきた


初・六本木ヒルズ


なんか果てしなく上まで伸びてるの

庶民の心を焦らせる為だけの様な迷宮なの

別に頼んでもいないのに上まで上がっちゃうの、エレベーターが


あんなにGのかかるエレベーターできればもう二度と乗りたくない

生きた心地がしない

そんなスリルなんかいらないし






見たくもないのに東京を一望できる展望台を通らなくちゃいけなくて

すんごいのよ

カップルが座り倒してるベンチとかも低いし区切られてるし

ためしにソコに座ってみたけど、そして足元まで見下ろしてみたけど

お、お・・・ううえ
美の裏側に潜む腹黒さ?みたいなものが見えたようで気持ちが悪い












単に貧乏精神なだけだけど





夜景ってなんていやらしいんだ

恐怖絵巻だ




迷いながらようやく上のヴィル・ヴィオラのところに辿り着いてね



のっけから凄くてなんか、どう対峙していいのやら、って

縦長のでっかいスクリーンが部屋の真ん中にあんの

映像だから部屋は真っ暗なのね

で、お客さんは両側にいて・・・ってもうその状況が面白くてならなかったわ

はじめ一面から見て、次裏側を見て、最後に入り口に書いてある解説を読む・・・ってかんじで

何回も段階踏まないと楽しめなくなってるの


次の部屋も同じで

部屋に何枚ものオーガンジーみたいな薄い布(ヴェール)が等間隔で暖簾みたいに

奥までかかってて、入り口と奥の両側から違う映像を布に映してんの

片方は男の人が、片方は女の人がそれぞれ暗い森の中をさまよってる映像で、

お互いは一緒に映りこんでないのに何枚も通した布の真ん中で二人は出会ってるの


詳しいことはちゃんとリンク先のとこに載ってるし、あたしは全然説明ができないけど


鳥肌が


はじめの方、初期の作品があたしは好きだったな

後のほうはスローモーションを見るのに飽きた、てか疲れた



でも、喜怒哀楽を連続で表現してる男女の顔を撮った4分程度のヴィデオを81分にまで引き伸ばしたんです

っていう作品が面白かった


注意深く見てても変わらないのさ、顔が

でもすっごい暫くしてから見ると違う表情になってる






ホーンテッドマンションの肖像画か!



終いには凝視しすぎて変化してる気がしてるのか変わってるのかわかんなくなる
























そんなそんな

おもしろかったぁーーあーあーあー


やっぱり美術館とかの面白さって実際に行かないと伝わらないよね?



スポンサーサイト
【2007/01/06 13:53】 | *aujourd'hui* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ヤヴァイ」 | ホーム | 「らんらら2」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://pilopilo38.blog104.fc2.com/tb.php/86-299fa8b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。